著作権について

著作権は、著作物を排他的・優先的に使用することができる権利のことです。著作物を他人が使用できるための許可を与えたり、著作物を財産として保持することができる権利のことをいいます。著作権は特許権などの産業財産権とともに、無体財産権である知的財産権のことをいいます。

著作物とは思想や感情が創作的に表現されたものをいい、例えば文芸や美術、学術や音楽などにカテゴライズされるものを言います。小説や講演内容、地図、映画など様々な形態をとっています。

他人が書いたり、作成した著作物を使用しようとする人は著作権者の許諾を受けなければならないとされています。もしも断りなく無断使用がなされた場合は、著作権者は著作権の侵害として、差止請求や損害賠償請求を受けることができ、罰則適用がなされたりします。

著作物には、ソフトウェアなどの電子媒体も含まれます。正式な著作者と証明したい時には、文化庁で登録できますが、特に登録をせずとも著作物を作成することで発生するのが著作権です。しかし、個人の著作物の著作権は、その個人が亡くなって後50年を経過すると適用されなくなるという、期限があらかじめ定められているという特徴のある権利です。

Content IDの仕組み

YouTubeでは、Content ID というシステムを活用し、コンテンツ所有者がYouTube 上のコンテンツを簡単に特定したり、管理することができるシステムが導入されています。

YouTube では、コンテンツ所有者承認を受けることでContent ID の利用資格付与が行われています。承認を受けるためにはYouTube ユーザーコミュニティにおいて、アップロードを頻繁に行い、大量の動画コンテンツを独占的に所有している必要性があります。

YouTube上にアップロードされた動画はコンテンツ所有者が提出するファイルデータベースに照合され、スキャンされるようになっています。動画に含まれるコンテンツと著作権者の作品が一致した場合、該当動画に対し、Content ID に関する申し立てが行われ、著作権者はどのような対応策をとるか選択できます。選択肢には音声ミュート、動画全体の閲覧ブロック、動画広告による動画の収益化(場合によりアップロードしたユーザーとの収益分配)、そして、該当動画再生に関する統計情報上の追跡です。YouTube は Content ID の使用方法について明確なガイドラインをもっています。YouTubeでは、Content ID の使用と異議申し立ての継続的な監視を通し、ガイドラインが守られていることが確認されています。

YoutubeコンテンツIDとは

YoutubeコンテンツIDは、著作権者自身が所有するコンテンツを含む YouTube 動画を発見しやすくするために設けられた自動識別システムです。YouTubeでは、一定基準を満たすコンテンツ所有者のみに Content IDを利用するための資格付与が行われています。著作権者の識別資格が承認されるためには、YouTubeユーザーコミュニティにより、頻繁にアップロードされるほどの大量コンテンツを独占的に有する権利所有者であることが必要です。

YouTubeではContent ID の使用方法について明確なガイドラインを定め、Content ID使用と異議申し立ての継続的な監視を行うことで、ガイドラインが守られていることを確認します。

このシステムを利用するために、著作権者は対象コンテンツの参照コピーをYouTubeに提出します。一致するコンテンツがないかどうかを確認するため、YouTubeではその参照コピーを用いてアップロードされた動画をスキャンします。一致コンテンツが発見されると、対象動画の収益化、追跡、またはブロックなどから著作権者が希望したポリシーの適用が図られます。

Content ID を使用するにはコンテンツ所有者を設定して、YouTubeにコンテンツの送信を行います。その後、Content ID によってユーザーのアップロードがスキャンされ、一致しているか否かが判断されます。そして、コンテンツは管理・監視されて、分析情報や収益レポート、コンテンツ管理ツールの全機能へのアクセスも可能になります。

PICK UP【YouTubeコンテンツID運用支援 – クロスワープ