著作権について

著作権は、著作物を排他的・優先的に使用することができる権利のことです。著作物を他人が使用できるための許可を与えたり、著作物を財産として保持することができる権利のことをいいます。著作権は特許権などの産業財産権とともに、無体財産権である知的財産権のことをいいます。

著作物とは思想や感情が創作的に表現されたものをいい、例えば文芸や美術、学術や音楽などにカテゴライズされるものを言います。小説や講演内容、地図、映画など様々な形態をとっています。

他人が書いたり、作成した著作物を使用しようとする人は著作権者の許諾を受けなければならないとされています。もしも断りなく無断使用がなされた場合は、著作権者は著作権の侵害として、差止請求や損害賠償請求を受けることができ、罰則適用がなされたりします。

著作物には、ソフトウェアなどの電子媒体も含まれます。正式な著作者と証明したい時には、文化庁で登録できますが、特に登録をせずとも著作物を作成することで発生するのが著作権です。しかし、個人の著作物の著作権は、その個人が亡くなって後50年を経過すると適用されなくなるという、期限があらかじめ定められているという特徴のある権利です。