Content IDの仕組み

YouTubeでは、Content ID というシステムを活用し、コンテンツ所有者がYouTube 上のコンテンツを簡単に特定したり、管理することができるシステムが導入されています。

YouTube では、コンテンツ所有者承認を受けることでContent ID の利用資格付与が行われています。承認を受けるためにはYouTube ユーザーコミュニティにおいて、アップロードを頻繁に行い、大量の動画コンテンツを独占的に所有している必要性があります。

YouTube上にアップロードされた動画はコンテンツ所有者が提出するファイルデータベースに照合され、スキャンされるようになっています。動画に含まれるコンテンツと著作権者の作品が一致した場合、該当動画に対し、Content ID に関する申し立てが行われ、著作権者はどのような対応策をとるか選択できます。選択肢には音声ミュート、動画全体の閲覧ブロック、動画広告による動画の収益化(場合によりアップロードしたユーザーとの収益分配)、そして、該当動画再生に関する統計情報上の追跡です。YouTube は Content ID の使用方法について明確なガイドラインをもっています。YouTubeでは、Content ID の使用と異議申し立ての継続的な監視を通し、ガイドラインが守られていることが確認されています。